ショットブラスト、エアーブラストの秋元産業
   
   
   
   
   
ブラスト加工は 金属をはじめ樹脂、石材、木材、ガラスなど様々な素材へ粉体状の研磨材(メディア)を衝突させることにより、物理的に表面処理を行う加工法です。
その応用範囲は大変広く、不純物を除去するクリーニング用途のみならず、下地処理、美装加工、ピーニング、バリ取り、彫刻など様々な分野 、用途で幅広く利用されております。

メディアを素材へ投射する方式もコンプレッサーエアーを利用する方式
エアーブラスト装置)やモーター による回転運動で研磨材を投射する装置(ショットブラスト装置)など、製品の材質、形状や処理数に応じてこれらの投射方式とメディアの選択をおこなっていきます。

投射する研削材もさまざまな種類 と粒度があり、3mm程度の鉄球から数ミクロンの細かな粒子まで加工する素材や加工目的に応じ最適な研磨材を選択します。

 
最も基本的な手動タイプのエアーブラスト装置による加工イメージ。製品を目で見ながら加工を行います。
画面をクリックすると空き缶の塗装剥離イメージの動画がご覧いただけます。
   
   
 バリ取り加工製品例   表札・墓石・ガラスへの文字彫りなどのほとんどはブラスト
により行われています。
   
 ブラスト加工の用途・特長へ  
 ブラスト加工例  
 
 2012 Akimoto-Sangyo Co.,Ltd. All Rights Reserved.