エアーブラスト導入時の選択方法

1.噴射方法の選択・・・お客様のワーク(製品)の材質・用途・目的の加工度合い・必要粗さによって選択を行 います。

@直圧式

加圧式とも呼ばれるこの方式は、加圧タンクに圧縮エアーと研磨材を入れ、エアーと研削材を同時に噴射する方式です。
エアーブラストの中では最も噴射時の威力が強く、硬度の高い製品を加工するときに使用されます。また、加圧タンクに入った研磨材がすべて噴射されると一度圧力を解放し、研削材を再び加圧タンク内に充填する必要がありますので、連続作業には不向きですが連続噴射するために加圧タンクを2つ用意し一方で研削材を噴射している間にもう一方に研削材を補給するという方式を取ることも可能です。

A重力式、サイフォン式、サクション式

重力式は一般に言われるエアーブラストの主流で、塗料を噴射するエアーガンと同じ原理です。
噴射力は直圧式と比べ弱くなりますが研磨材の管理が他の方法より比較的簡単なので、精密な製品に対しても使用される場合があります。
また、連続噴射しながら研削材の追加補給が簡単にでき、細かくなった研削材を分離、排出しある程度一定の粒度の研削材で加工ができる分離機を搭載しているタイプもあります。

2.装置のタイプ・・・ワークの形状・重さ・数量やお客様の運用方法(手動・自動・ライン化)等で装置のタイプを選択 します。

汎用型標準手動タイプ

バレル、バッチタイプ

コンベア−タイプ

インデックステーブルタイプ

台車テーブルタイプ

内面加工タイプ

バキュームタイプ

その他特殊機構装置

3.その他の機能

ノズル本数
ノズル振動
テーブル自動回転
細かい研磨材(微紛)

弊社ではお客様のご要望に応じ、上記の様に様々なタイプの装置を豊富にご提案しております。
現在ブラスト装置をご利用されて不便に感じておられる方、また新規に導入をご検討されている方も
是非ご相談ください。

 

中古機械のご案内

製品案内へ戻る

2003 Akimoto-Sangyo Co.,Ltd. All Rights Reserved.