ショットブラストはブレードと呼ばれる翼をモーターにより高速で回転させ、強制的に研削材を送り込むようになっております。
その高速回転するブレードが研削材を掻き出し投射する仕組みになっています。

噴射する装置のことを通常「ローター」(別名インペラー)と呼びます。エアーブラストと違う大きな点は、ショットブラストの方がはるかに多くの研削材を少ない 力で噴射することができるという点です。3馬力のコンプレッサーを使い1本のノズルから噴射した場合と同じ3馬力のモーターで1機のローターから噴射した場合とでは、ショットブラストの方がエアーブラストに比べ1分間に約200倍の量の研削材を噴射できます。

主要ショットブラスト装置

平打式ショットブラスト
タンブラータイプ
テーブルタイプ
コンベヤタイプ
ハンガータイプ
台車テーブル
自走式
その他特殊機構タイプ

弊社ではお客様のご要望に応じ、上記の様に様々なタイプの装置を豊富にご用意しております。
現在ブラスト装置をご利用されて不便に感じておられる方、また新規に導入をご検討されている方も
是非ご相談ください。


 

中古機械のご案内

製品案内へ戻る

2003 Akimoto-Sangyo Co.,Ltd. All Rights Reserved.